事前確認で安心!差し歯のある人のためのホワイトニングガイド

ホワイトニングコラム

虫歯や怪我などさまざまな原因で、被せ物などで大部分が自分の歯以外のものを入れていたり、差し歯のある方も多くいるのではないでしょうか。

ホワイトニングを行う際、それらの差し歯も同じように白くなると思っていたらならなかった!という声も多いようです。差し歯のある方のホワイトニングでは、自分の歯の色と差し歯の色が違ってきてしまうことが課題になります。

今回は、その原因と対処方法をご紹介します。

スポンサードリンク

差し歯は歯医者さんでは白くできない!

shutterstock_269757386

差し歯はホワイトニングできるの?とい問いに結論からお答えすると、差し歯は歯医者さんのホワイトニングで白く染めることはできません。ただし、クリーニングで着色汚れを落とし本来の色に近い色に戻すことはできます

どういうことなのか、詳しくみていきましょう。

差し歯が黄ばむ原因は素材の変色

差し歯の着色の主な原因は大きく以下の2つです。

  1. 食べ物や菌による汚れ
  2. 劣化による変色

保険適用で作った差し歯は「レジン」というプラスチックです。入れたばかりの時は綺麗な色なのですが、年月によって汚れが付き、表面だけでなく徐々に内部にまで汚れが浸透していってしまいます。

天然歯は唾液で作られるペクリルという薄い膜で覆われているため、日常的に着色を防いでくれる作用があります。しかし、レジンにはそのような効果はなく、そもそも色の付きやすい素材であることもあり、天然歯よりも着色しやすい傾向にあるのです。

なぜ差し歯はホワイトニングできないの?

歯医者さんで行うホワイトニングは、強い薬剤で漂白をすることで歯を白くします。しかし、そもそも差し歯の素材はもともと白に近い色ではありませんし、成分も天然の歯とはもちろん全く異なります。

そのため、天然歯を白く染めるための薬剤をそのまま差し歯に適用することはできません

つまり、漂白用の薬剤を使用するホワイトニング(オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング)は、差し歯には行うことができないのです。

ホワイトニングできると宣伝しているものがあるのはなぜ?

しかし、差し歯がホワイトニングできるという宣伝や噂もきいたことがあるのではないでしょうか。

そのホワイトニングとは、先ほど述べた歯医者さんのホワイトニング(オフィス・ホームホワイトニング)ではなく、歯医者さんとは異なる薬剤を使用して行うホワイトニング(セルフホワイトニング)のことを意味しています。

これは、歯の漂白ではなく汚れを落とすというクリーニングによって歯を白くするやり方なので、漂白とは根本的に異なります。クリーニングであれば、洗浄にすぐれた成分の力で素材の本来の色に近い色にまで戻すことはできるため、一見矛盾に見えるような情報が混在しているのです。

差し歯のクリーニングの方法は?効果はどのくらい?

差し歯のホワイトニングは、主にセルフホワイトニングサロンでメニューとして取り入れられています。

汚れを分解させることができる薬剤を自分で塗布し、 LEDライトをあてがい、汚れを浮かせて落とます。全部で60~90分ほどライトを照射することで、効果が期待できます。

こちらは、先ほどの黄ばみの原因の①食べ物による汚れには効果的。洗浄能力は期待できそうです。ただ、劣化などの理由で着色したものまで落とすことはできませんので、あくまで「素材本来の色に見えるように汚れが落とせる」というように理解しておきましょう。

保険適用外の素材(セラミックなど)で作られた差し歯はレジンより素材そのものに着色はしづらいため、表面の汚れを取ることで元の色に戻ることは十分期待できます。

事前に確認!天然歯と差し歯の色の不一致問題と解決策

shutterstock_425361754

差し歯にはホワイトニングができないということは、差し歯は作った時の周囲の天然歯の色に合わせていることがほとんどですので、天然が真っ白になったら差し歯だけ黄色く見えてしまうことになります。

では、そのような色の不一致の問題は、どのように解決したらよいのでしょうか。

既に差し歯がある人の対処法

ホワイトニング後新しいものに交換する

既に差し歯がある場合、差し歯ごと取り替えてしまうのが最もベストな解決策です。

まず天然歯のみ、理想の白さまでホワイトニングを行います。それが完了した後、差し歯をホワイトニング後の白くなった天然はに合わせて作成しなおします。それによって歯全体の色を均一な白さにすることができます。

歯のマニキュア(ホワイトコート)を行う

取り替えるのがベストだというのは誰もが理解できることですが、そうもいかない理由はやはりお値段。セラミッククラウンなどを行っている場合は1本10万円近くしている、なんてこともざらにありますし、簡単ではありませんよね。

その場合は、歯のマニキュアを使用するという方法があります。これは、白いコーティング材を歯の表面に塗り固めることで歯の表面を白くする方法です。

歯医者さんで行う歯のマニキュア(ホワイトコート)の効果は1ヶ月程度ですが、どうしても揃えたい場合や色戻りが起こるまでの間だけで良い場合は選択肢の一つです。

まだ差し歯がない人の対処法

差し歯を入れるのはホワイトニングの後!

まだ差し歯はないけれど、現在虫歯の治療中もしくは治療予定があり、差し歯になる可能性がある場合は、特別な理由がない限り差し歯はホワイトニングの後に入れましょう

ホワイトニングをする歯医者さんは虫歯治療を行っている歯医者さんとは変えようと思っている場合などは要注意ですよ!虫歯治療の際、直近でホワイトニングを行う意思があることをしっかり伝えてくださいね。

差し歯の素材をよく選ぶ

今後もホワイトニングを継続的に行い白い歯を維持したいと思っているのであれば、差し歯はできるだけ着色しにくい素材のものを選ぶようにしましょう。

値段は数万円と高くなることが予想されますが、何度も入れ替えたりメンテナンスを行うことを考えると最初から対策してしまった方が良いはずです。

何を入れるかは歯医者さんによく相談してみましょう。

スポンサードリンク

差し歯を綺麗に保つために!自宅で気をつけたいこと3つ

shutterstock_460948303

せっかく高額なお金を払って差し歯を白くしたなら、絶対それは維持するように努力しましょう!

着色しやすい食べ物を避ける

コーヒー・紅茶・ワインなどの着色しやすい食べ物は普段から避けられるときは避けましょう。

着色しやすい飲食物は、こちらの記事をご参照ください。

ホワイトニング後の食事制限|食べていいもの食べちゃダメなもの一覧

2016.11.21

歯磨習慣を徹底する

歯磨き習慣は虫歯予防にもホワイトニングにもすべてのお口のトラブルにおいて何よりも大切なことです。その日についたステインは、その日のうちにとれるようにできるだけ毎食後歯磨きの習慣をつけましょう。

タバコは禁煙する・控える

タバコが原因でホワイトニングをしたのに、またタバコを吸ってしまっては本末転倒。できるだけ少なくしたり、これを機に禁煙できたら良いですね。白い歯のために、がんばりましょう!

まとめ

差し歯のホワイトニングは、歯医者さんで行うホワイトニングはできませんが、セルフホワイトニングサロンで汚れを落として元の色に戻す方法はあります。

また、差し歯がある方がホワイトニングをするときは、自身の天然歯が白くなるのに対して差し歯の色が浮いてしまうことがあります。その場合は差し歯ごと明るい色のものに取り替えてしまうのが一番です。

どんな方法が一番自分の理想に近いのか、全体のバランスをよく考えながらプランを立てていくと良いでしょう。

スポンサードリンク