虫歯の原因は食べ物にあり!歯の再石灰化を助ける食べ物・邪魔する食べ物

ホワイトニングコラム

「甘いものを食べると虫歯になる」と、どこかで教えられた記憶はありませんか?

私たちは、食事によって口の中で酸がつくられると、虫歯になりやすい状態になってしまいます。その酸が歯の表面の成分のミネラルを溶かしてしまい、虫歯となるのです。

では、その酸がつくられやすいかどうかは食べ物に関係があるのでしょうか。酸が作られやすい食べ物と、その酸を中和させてくれる食べ物をそれぞれご紹介します。

スポンサードリンク

虫歯の原因は脱灰と再石灰化のバランスの乱れ

shutterstock_524440537

脱灰と再石灰化

歯は食事をするたびに、脱灰(だっかい)と再石灰化(さいせっかいか)を繰り返しています。

脱灰とは、歯の表面から歯の成分が溶け出してしまう現象のことです。

私たち人間の口の中には、常に菌が存在しています。この菌は歯にくっつくと、食べ物に含まれる糖質をエサにしてをつくります。この酸が歯の表面の成分であるミネラル(カルシウム、リン)を溶かしてしまいます。

再石灰化とは、溶け出した成分が元に戻ってくることです。

酸によって溶け出してしまっても、唾液などの働きで酸を中和し、溶け出したミネラルを歯の表面に戻してくれます。

虫歯予防には再石灰化を促すことがポイント

脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、脱灰側に偏ってしまった結果歯に穴が開いてしまうと、それが虫歯となってしまいます。つまり、再石灰化が脱灰よりも勝る状態をいつも作り出してあげることが、虫歯予防の大事なポイントとなります。

再石灰化と食べ物

%e6%9c%9d%e9%a3%9f

再石灰化は自身の唾液の力によって起こるものですが、さらにそれを手助けしてくれる成分が存在します。また、反対に再石灰化を邪魔し脱灰に導きやすい食べ物もあります。それぞれどんなものがあるのかみていきましょう。

再石灰化を助ける食べ物

基本的に、食べ物を食べると私たちの口の中は酸性に傾き脱灰がおこります。脱灰が起こりにくい食品には「歯に信頼マーク」という表示をつけることで区別することができます。

ただ、歯そのものを強くする成分配合・脱灰が起こりにくい食品というのはありますが、直接的に再石灰化を助けるというのは別の話。再石灰化を助ける食べ物というのは、基本的にはガムやタブレットなどだけだと考えた方がよいでしょう。

《再石灰化を助ける食品成分》

  • キシリトール
  • リカルデント
  • ポスカ

では、具体的にどんな製品があるのかみていきましょう。

キシリトール

キシリトールとは、主に白樺やかしの木などを原料に作成される天然の甘味料のことです。 キシリトールの甘みは砂糖と同程度にもかかわらず、カロリーはその4分の3程度しかないことが特徴で、虫歯予防効果が実証されている天然甘味料です。

  • オススメ製品:キシリトールガム、タブレット(ロッテ)

リカルデント

リカルデントとは、牛乳タンパク由来の成分のことで、CPP-ACPとも呼ばれています。
歯の石灰化を促進する成分で、初期虫歯のカルシウムが溶け出した状態をなおしてくれるはたらきがあります。

  • オススメ製品:リカルデント、タブレット(モンデリーズ・ジャパン社)

ポスカ

ポスカとは、正式名称はリン酸化オリゴ糖カルシウムで、むし歯の原因となる酸をつくらないだ液に溶けやすいカルシウム素材のことです。北海道産じゃがいも由来のカルシウム食品素材で、日本が世界に誇る科学研究施設「SPring−8」で実証実験を行なった初めての食品素材です。(江崎グリコHP参照)

  • オススメ製品:ポスカ、ポスカF(江崎グリコ社)

 

それぞれの効果や特徴の詳細はこちらの記事にまとめてありますのでご参照ください。

ガムで虫歯予防?知っているようで知らなかったガムと再石灰化の関係

2016.12.14

再石灰化を邪魔する食べ物

《再石灰化を邪魔する食品成分》

  • 糖類
  • 酸性食品

では、具体的にどんな食品に含まれるのかみてみましょう。

糖類

脱灰は口の中のむし歯菌が食品に含まれる糖をエサにして酸が作られて起こりますので、糖は当然再石灰化を阻む食品成分となります。糖はほとんどすべて食品に含まれているといっても過言ではありません。

酸性食品

飲食物はイオン濃度を指標に酸性・中性・アルカリ性のどれかに分類されます。食品の酸性度が強いと、歯のミネラルは溶けだしてしまいます。

つまり、むし歯菌がいなくても、「酸性食品」が口の中にずっと留まると、酸性状態が続き歯の表面からミネラルが溶け続け再石灰化が進まず、虫歯が進行しやすくなってしまいます。東京医科歯科大学の研究によると市販の飲料の73%が歯を溶かす臨界pH5.5以上の酸性を示したそうです。こうして溶けてしまった歯を「酸蝕歯」といいます。

主な酸性食品は、

  • ワイン
  • フルーツ
  • スポーツ飲料
  • 炭酸飲料

などです。普段からこれらのものを摂取する習慣がある人は、寝る前に飲んでそのまま寝てしまったり、意識しないで歯磨きを怠っていないか、もう一度チェックしてみてください!

これらのものを多く摂る習慣がある人は、リカルデントやポスカなどを一緒に摂取して歯を強くする予防をしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

虫歯は、ほとんどの食品に含まれる糖をエサにして口の中の菌が酸を作り歯の成分を溶かすことが原因でおこります。

虫歯にならないためには、普段から歯のミネラルが溶け出さないよう、酸性の飲食物をとった後はしっかり歯磨きをすることや、再石灰化の味方の成分を含むガムを併用して使用することが有効です。

正しい歯磨き習慣とガムなどのアイテムをうまく取り入れながら、おいしい物を楽しみつつも、しっかり虫歯に対してケアしていってあげましょう。

スポンサードリンク