『シロティ&ビーポリシュ』の解析|使い方・口コミ・効果レビュー

ホワイトニングアイテム

今回のレビューは、歯の消しゴムの『シロティ&ビーポリシュ』です。
スポンジに研磨剤をつけ直接歯をこすって磨くタイプの専用研磨剤つきのはみがきアイテムです。

スポンサードリンク

シロティ&ビーポリシュの解析

注目ポイント
  1. 研磨剤つきの歯の消しゴム
  2. 歯磨きで落ちない着色を落とす
  3. 繰り返し使える

総合評価3.25点

評価内容 効果  :★★★★☆
コスパ :★★★★★
安全性 :★★☆☆☆
使い勝手:★★☆☆☆
容量/価格  15g/771円(amazon)
種別 歯の消しゴム
研磨力 ケイソウ土
安全性 パラベン、サッカリンNa
販売元 ビーブランド・メディコーデンタル
最安値 Amazon

汚れを落とすのには最適なアイテムですが、スポンジが大きく磨きにくい、研磨剤の研磨力が強く歯を傷つける可能性が高いなどのデメリットがある商品です。

歯の消しゴムのなかでも研磨剤つきのため、より汚れを落とす効果が高くなります。

しかし、スポンジが平面的で全体的に歯の表面にしかいきわたらず、隙間のヤニ汚れなどの細かい箇所には届きません。また、付属の研磨剤は研磨力が高い成分が含まれており、歯を削る危険性があります。

表面の着色汚れを一層したいときに使用するのは効果がありますが、使用頻度には注意が必要な商品です。

Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

シロティ&ビーポリシュの特徴と成分


成分
スポンジ:シリコン
ペースト:精製水、ケイソウ土、ソルビッド液、PG、カルボキシメチルセルロースNa、香料、クエン酸、フッ化ナトリウム(フッ素900ppm配合)、ポリアクリル酸Na、サッカリンNaメチルパラベン、プロピルパラベン、赤2

フッ化ナトリウム(フッ素)

食事で酸性になり溶けた歯の表面をもとに戻す「再石灰化」を手助けをする有効成分。歯の成分そのものと結合して歯を強くする他、フッ素自身がもつ殺菌力で虫歯菌の活動を抑制し、虫歯予防にも役立つ。

ケイソウ土

二酸化ケイ素が主成分で、藻類の一種である珪藻(ケイソウ)の殻の化石よりなる堆積岩。エナメル質と同等の硬さがある。研磨剤として使われる。

サッカリンナトリウム

人工甘味料として使用されている発がん性の疑念が残る食品添加物。歯磨き粉程度の含有量に問題はないとされるが、できれば避けたい添加物の一つ。

パラベン

防腐剤の一種で、石油から作られる合成保存料。人体に対する毒性が低いとはされているが、慢性摂取による人体へのリスクが懸念される。

シロティ&ビーポリシュの口コミ

実際にシロティ&ビーポリシュを使った人の口コミ情報を集めました。

良い口コミ評判

汚れた歯も白くなった

ランキンランキンで見かけて可愛さが気になって、購入。
手軽に着色がとれます!!しょっちゅう飲むお茶のせいで汚れた歯も、白くなりました☆
実は「可愛いからどうせ効果ないだろう」と思ってて、、、ゴメンナサイ。買って正解でした♪(@コスメより引用)

お茶やカレーの黄ばみに効果があった

歯医者さん関係の方にもらい、現在週に1回くらいで使用しています。毎日使用するのもどうかな?と思って、それくらいにしています。
評価低いので驚きです!私にはすごく効果があったので。
調べてみたら、外因性(お茶・カレーなど)の黄ばみにはいいみたいです。
私は歯が黄ばみやすいのですが、まさに外因性です。緑茶・紅茶などお茶好きなのが影響していると思います。タバコは吸っていません。こういう人に一番効果が出るのでしょうか・・・、見た目ですぐわかるくらい黄ばみが落ちました。もちろん完全に・・・というわけではないのですが。
今まで歯の黄ばみを取る商品をいくつか使用してきましたが、これが一番即効性・目に見えた効果がありました。(@コスメより引用)

汚れが落ちる!細かいところは綿棒で

効きます!汚れが取れました!
私は歯並びが悪くて窪んだところが茶色くなってしまっています。
この商品で磨いたところ、茶色の汚れがとれました。歯の間など細かいところは消しゴムでは届かないので、綿棒、つまようじを使ってみたらこれまたちゃんと色落ちしました。綿棒を使うと茶色い色がつくので取れたって感じがします。(@コスメより引用)

悪い口コミ評判

何も効果なし!

なんじゃこりゃ?
楽天のレビューでもここのレビューでも評価高いけど、何も効果ないじゃないか!
2日ごとくらい2週間続けてますが、歯は黄色いまんま。(@コスメより引用)

全く効果なし、歯茎から流血も

可愛いから使い切ったけど全く効果無かったです。
やけになって擦りまくったら歯茎から流血したぜ。(@コスメより引用)

磨きにくく歯も白くならない

まず、シロティがデカすぎるw
それなりに口を大きく開けないとできません。
めっちゃ変顔になるのでひとりの時をおすすめしますw
磨くとキュッキュッっていいますね。ですが、白くはなりません。
逆に歯の表面を傷つけそう…(@コスメより引用)

Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

スポンサードリンク

シロティ&ビーポリシュの効果は?実際に試してみた!

それでは最後に、実際にシロティ&ビーポリシュを使った感想をレビューします。

内容量・パッケージ

イラストがかわいい見た目です。

研磨剤のペーストは細いチューブに入っています。

スポンジは蓋付きで、柔らかいシリコン素材です。スポンジは洗って何回も使えます。

スポンジにペーストをつけて磨いていきます。

シロティ&ビーポリシュの使い方

  1. シロティ(シリコンスポンジ)の平面部にビーポリッシュ(研磨剤)を適量とります
  2. 歯の着色部、黄ばんでいる部分を磨きます
  3. 磨いたあとはうがいをしてよくすすぎます
  4. 使ったあとのシロティは水ですすいでキャップをします

シリコンスポンジが大きく磨きづらい

実際に使用してみると、歯の消しゴム本体のシリコンスポンジが非常に大きく歯を磨くには平面部分が大きすぎるのではないかという印象です。

想像していたよりは消しゴムの表面がつるつるしており、歯をごしごし磨いて傷つけるような心配はないのかなと感じました。

研磨剤ペーストの研磨力は高めのものが使用されていますが、実際に使用してみると研磨剤が多く含まれるセッチマなどの歯磨き粉とさほど変わらないような印象を受けます。味は甘く見た目はピンクで、成分の安全性も疑問です。

歯と歯の間はスポンジが届かないですし、研磨剤で歯の表面の着色汚れを落とすのであれば、わざわざ磨きにくいシリコンスポンジを使わなくとも歯磨き粉+歯ブラシで十分なのでは・・・とも感じました。

まとめ:歯磨き粉と歯ブラシとさほど変わらない

歯の消しゴム+研磨剤のシロティですが、美白効果という点では歯磨き粉と歯ブラシの組み合わせとさほど変わらないでしょう。

むしろ歯ブラシのほうが歯の隅々まで磨くことができるので、研磨という点では優れているのではないでしょうか。

歯の消しゴムとしての機能を求めるのであれば、本格的に歯の隙間まで入り込んでこびりついた汚れも除去してくれるようなものを選んだ方が良いでしょう。

Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

スポンサードリンク