『トゥーカラー』の解析|使い方・口コミ・効果レビュー

ホワイトニングアイテム

今回のレビューは、歯のマニキュアの『トゥーカラー』です。
1日だけ歯を白くしたいとき、歯にマニュキュアを塗ることで、化粧のような感覚で表面をコーティングできる商品です。

スポンサードリンク

トゥーカラーの解析


注目ポイント
  1. 1日だけ歯を白くしたい人向け
  2. 値段が高めの商品
  3. 色ムラになりやすい

総合評価3.5点

評価内容 効果  :★★★★☆
コスパ :★★★★☆
安全性 :★★★★☆
使い勝手:★★☆☆☆
容量/価格  5ml/2,980円
種別 口腔化粧品
研磨力 研磨力なし
安全性 ◎(危険成分なし
販売元 マイクロソリューション
最安値 Amazon

1日だけ歯を白くしたい人のための歯のマニキュアです。

特定の日だけ歯を白くしたいときなどに、全体的に使用するのがおすすめの使い方ですが、塗り方が難しく均一に白く見せるにはコツを必要とする商品でしょう。

「全体的に自然な白さにしたい」という程度の望みは実現できますが、爪のマニキュアほどのカバー力はありません。また、薬品っぽさが強く歯茎が荒れたという口コミも多く、人によって合う合わないが分かれる商品です。

Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

トゥーカラーの特徴と成分

全成分:エタノール、(アクリル酸アルキル/アクリルアミド)コポリマー、セラック、マイカ、酸化チタン、水添ロジン酸グリセリル、ヒノキチオール

特徴①ナチュラルな輝き

真っ白すぎず自然な白さに仕上がるのが特徴。日本人のやや黄色っぽい歯にはPureWhite、白い歯の方にはAquaPearlがオススメ。重ね塗りで色を調節できる。

特徴②歯や歯茎へのダメージが無い

歯や歯茎に直接塗っても「痛み」や「しみる」などがなく、ツヤがなくなるなどの歯へのダメージもない。

特徴③使いやすく仕上がりが自然

食事での色落ちしにくい工夫をされており、ナチュラルな仕上がりのため、多少の色落ちでは汚く見えないのが特徴。落とすときは専用液ではなく、ハミガキだけでキレイに洗い落とせる。

トゥーカラーの口コミ

実際にトゥーカラーを使った人の口コミ情報を集めました。

良い口コミ評判

使い方に慣れて身支度の一つに

愛用し始めて半月ちょっと。
使い方もすっかり慣れて、今では身支度の1つとして重宝してます。
会話する時、食事の時。
ちらっと見える歯が白いと、やっぱり印象良く写るみたいです。(@cosmeより引用)

歯本来の白さもよみがえる

思っていたよりも使える歯のマニキュアで、友達にお勧めしまくってます。
歯を白くメイク出来るのが一番のお勧めポイントなんですが、個人的に歯本来の白さも蘇らせてくれるところがお気に入りだったりします。(@cosmeより引用)

歯のマニキュアで雰囲気が違うと言われた

ある日、こちらを使用した状態で1ヶ月ぶりに会う友人とお茶してたんですが「今日は何だか雰囲気が違って見える」と言われました。
髪型、髪色、メイク、ファッション。特に変えてません。
変えたのは言わずもがな、歯のメイクをしたことだけ。
クリアな歯って、それだけでも印象が良くなるものなんですね。
このことがきっかけで、歯メイクに頼りつつ自分でできるデンタルケアも頑張ろうって思いました。(@cosmeより引用)

悪い口コミ評判

薬品臭がきつくて口の中に違和感

薬品臭がきつくて、びっくりしました。おそるおそる塗ってみると…結構自然な感じで均一に塗れました。若干トーンアップした、という感じでしょうか。でも若干口の中に違和感が…。一部液が下の歯茎にたれてしまったのですが、ジンジンしました。(@cosmeより引用)

不自然で歯を出したくない

ピュアホワイト使用中です。クチコミ良かったので期待しましたが
白くなるより輝き?
なんか歯が不自然に光ってるからおかしく見えます。
余計歯を出して笑うことが出来なくなりました。
残念ですがリピはありません。ごめんなさい。1本もそもそも使いきれそうにありません…。(@cosmeより引用)

歯茎に炎症が出た口コミサマリ

使った次の日に歯茎に炎症が出てしまい、腫れが引くまで一週間程かかりました。(@cosmeより引用)

Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

スポンサードリンク

トゥーカラーの効果は?実際に試してみた!

それでは最後に、実際にトゥーカラーを使った感想をレビューします。

内容量・パッケージ

パッケージはおしゃれな白と黒が貴重のデザイン。

裏面。

まるで爪のマニキュアと間違えてしまいそうなボトルのデザインです。

キャップにハケがついており、ハケを使って歯に直接塗っていきます。

トゥーカラーの使い方

  1. 歯磨きを行ったあと、ティッシュで水分を拭き取る
  2. 歯茎と唇の間にコットンやティッシュを挟んで唇がつかないようにする
  3. 歯茎にあたらないようにさっと塗る
  4. 上の歯6〜8本に3回ずつ塗る
  5. 20-30秒乾燥させて終了

※落とす時は歯ブラシでブラッシングで落ちます

塗り方にコツが必要、ムラになる場合も

使い方に沿って使ってみたのがこちらの写真です。上の歯はたしかに他の歯よりもほんのりと白くなっているのがわかります。

しかし、どうしても色むらができるのが気になりました。自然な白い歯というよりは、不自然な白みがかった歯というイメージになってしまっています。

また、口を閉じた時にも歯の表面になにかあるような異物感がありました。

まとめ:思うような自然な仕上がりにはならない

実際に使用してみると、口コミ評判での良い評判ほど自然で綺麗な仕上がりにはなりませんでした。

また、使用感もハニックDCなどの他の歯のマニキュアに比べるとイマイチな部分も。

購入には他製品も含め、自分にあったものを比較検討して選ぶと良いでしょう。

Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

スポンサードリンク