ホントに白くなる?【歯の消しゴム】のホワイトニング効果

ホワイトニングアイテム

自宅でできるホワイトニンググッズとして、【歯の消しゴム】と呼ばれる商品が販売されているのをご存知ですか?

歯の消しゴムとは「歯のホワイトニングのために作られた消しゴムのようなアイテム」のことであり、普通の消しゴムとは素材も見た目も全く違います。「消しゴムのようにこすって使うことで、歯の汚れを消す」という意味で、【歯の消しゴム】という名前で呼ばれているものです。手頃な価格で市販されているものが多く、安く手軽に自分で歯を白くできるのであれば嬉しいですよね。

では、歯の消しゴムとはどのような効果があり、どんな商品があるのでしょうか。詳しくみていきましょう♬

スポンサードリンク

歯の消しゴムとは?

shutterstock_63376447

歯の消しゴムとは、そもそもどんなものなのでしょうか。汚れがおちる仕組みと値段などを見てみましょう。

歯の消しゴムとは

歯の消しゴムとは、歯の表面の着色汚れ(ステイン)を落とすことを目的として歯の表面(エナメル質)を擦って使用する、シリコンゴムやスポンジで作られた商品のことです。

商品によって形や材質は異なり、種類としては

  • フラットタイプ
  • ペンタイプ
  • スポンジタイプ
  • 専用研磨剤をつけて使用するタイプ

など様々な商品があります。

スティックのように握って使用できるものが多く、研磨剤入りの先端のゴム素材の箇所を歯に当てて使用します。フラットタイプは主に歯の表面を磨くことに優れており、先が細くなっているペンタイプのものでは、普段なかなか歯ブラシでは落とすことのできない頑固なタバコのヤニ汚れなども落とすことができます。

歯の消しゴムで汚れが取れる理由

汚れが落ちる仕組みは普通の消しゴムと似ており、摩擦と研磨剤で歯の表面の汚れを擦ってきれいに取っているのです。

ただし、歯の表面は凹凸がありますので、ホワイトボードに書いたペンを消す時のように表面を全く傷つけずにすべての汚れを取りきることは困難です。あくまで歯を傷つけずに自然に落ちる汚れは、歯の表面のゴムの素材が届く範囲までとなり、それ以上はヤスリのように、汚れと一緒に表面の凹凸と一緒に歯を削って白くするものであるという認識が必要です。

価格相場

歯の消しゴムの価格相場は1本あたり500円程度と非常に安いものが多いです。筆者の調べだと、どんなに高くても1個1,000円以上はしないものがほとんどです。

ドラッグストア・東急ハンズ・ロフトなどのお店で手軽に買えるので、歯磨きでは落ちないひどいステイン汚れにお悩みの方は一度試してみると良いかもしれません。

歯の消しゴムの使い方

%e7%be%8e%e5%a5%b32

使い方は至って簡単。「歯を擦って水でゆすぐ」、基本的にはこれだけです!

例として「シリコンゴム」の歯の消しゴムの代表的な使用方法をご紹介します。

  1. 歯と消しゴムの水気を十分に取る
  2. 歯の表面についた汚れに優しく擦る
  3. 使用後は水でよく口の中をうがいをする
  4. 使用簿はゴムの部分を軽く水洗いして水気を切る
  5. 消しゴムが汚れた場合、1mm程度カットする

使い方は種類によって異なりますが、大体のものは同じような流れだと思っていてOKです。特別な用意などは特に必要なく、手軽にできるのが歯の消しゴムの嬉しいポイントですね。

スポンサードリンク

おすすめ商品

歯の消しゴムのおすすめ商品をタイプ別にご紹介したいと思います。

歯の消しゴム トゥースティックハードタイプ

%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af1

▶︎:トゥースティックハードタイプ

  • 参考価格:630円(税込)
  • ハードタイプ
  • 研磨剤配合

キシリトールが配合された歯の消しゴムです。シリコンゴムのペン先がフラットになっているものです。研磨剤は歯磨き粉などに使用されている「無水ケイ酸(シリカ)」が含まれています。ペンタイプの「トゥースティックシャイン」ペンタイプとセットになった「トゥースティックダブル」も販売されています。歯の消しゴムの最もベーシックな商品といえるでしょう。

JDBネットワーク ステインバスター

jdb

▶︎:ステインバスター

  • 参考価格:540円(税込)
  • 3種類のアタッチメント
  • 研磨剤配合

歯の裏側や歯の隙間にも使える3種類のアタッチメントが付いた歯の消しゴム。フロスの代わりにも使える優れものです。柔らかい研磨剤が使われており、歯にやさしいのが特徴。

クリアデント歯のピーリングスポンジ

img_main

▶︎:歯のピーリングスポンジ

  • 参考価格:540円(税込)
  • スポンジタイプ
  • 研磨剤不使用

オーラルケア専門メーカーが開発した、歯の表面を傷つけないピーリングスポンジです。特許を取得している製品で、安全に自宅で歯の汚れを落とすために研究を重ね開発されています。

このピーリングスポンジは「特殊加工メラミンフォーム」を使用しており、 繊維の先端が非常に小さく、歯の表面の穴に入り込んで穴の底をきれいにすることができ、水をつけて磨くだけで歯を綺麗にしてくれる優れものです。

おすすめ商品の効果的な使い方

歯の安全性と汚れの撃退能力の両面を備えた歯のピーリングスポンジは筆者の一押しです!歯の隙間や特に汚れた箇所には上記の2つのようなスティックタイプ、表面や全体にはエナメル質を傷つけにくいスポンジを使用するのが筆者おすすめの併用方法です♬

歯の消しゴムの効果

shutterstock_518270599

では、実際に歯の消しゴムでどのくらい歯を白くすることができるのでしょうか。

表面のクリーニング効果

研磨剤+ゴムの摩擦の力で表面を磨く効果があり、ステイン汚れを剥がしとり自分の本来の歯の白さまで戻すことが可能です。ただし、あくまで表面のエナメル質に付着した汚れにしか効果はありませんので、歯の内部まで染まってしまった着色を元に戻すことはできません。

歯の汚れには、

  1. 表面に付着している汚れ
  2. 内部まで歯そのものが染まっている着色

の2種類があります。

歯の消しゴムで効果があるのは①表面に付着している汚れであり、それらを落とす「クリーニング効果」によって歯を白くします。これを「ホワイトニング効果」と呼んでいるのです。

歯の表面長い年月をかけて付着した汚れや加齢などによって歯そのものが変色してしまっている場合、歯の消しゴムなどではなく歯医者さんでのホワイトニングで歯そのものを染めることでしか白くすることはできません。

効果が出やすい人の特徴

上記の「クリーニング効果」が期待できるのは、

  • コーヒーなどのステイン汚れ
  • タバコのヤニ汚れ

などが原因の着色にお悩みの方です。これらの汚れに対して、歯の消しゴムは1度でも効果を実感できる可能性が高いでしょう。

スポンサードリンク

歯の消しゴムの注意点

shutterstock_269757356

歯の消しゴムは研磨によって歯の汚れを落とすものなので、間違った使用方法でエナメル質を傷つけ、最悪の場合知覚過敏を引き起こしたり、使う前よりも着色しやすい歯にしてしまう場合があります。下記の注意事項をよく確認して使いましょう。

強くこすり過ぎない

強く何回もこすれば真っ白になる!と思ってやりすぎないようにしてください。何回も擦っても歯を漂白することはできないので、もともとの白さ以上にはならず歯が白く染まっていくこともありません。歯の消しゴムにはエナメル質を削ってしまうリスクがあることは覚えておいてください。

元の歯以上に白くしたいのであれば、歯医者さんで専用の薬剤を使用したホワイトニングを行いましょう。下記の記事にまとめてありますのでご参照ください。

▶︎参考:【保存版】効果絶大!歯を内側から白くするオフィスホワイトニングのすべて

使う頻度に注意する

擦り過ぎない理由と同様、使えば使うほど歯が真っ白に染まるわけではありません。記載されている商品ごとに使用頻度の目安を守って使いましょう。

磨けば磨くほどつるつるになっていくのが嬉しくて使いすぎてしまうという場合がありますが、それはエナメル質を削ってしまっているためです。長期間それを続けてエナメル質を削りすぎると、内部の象牙質の色が目立って逆に白く見えなくなってしったり、知覚過敏になるリスクもありますので、使用上の注意を守ることは歯の健康のために重要です。

知覚過敏の箇所には使用しない

すでに知覚過敏のある方は、知覚過敏の箇所には使わないようにしましょう。知覚過敏の箇所を擦った際に激痛が走ることもありますし、知覚過敏症状を悪化させてしまう原因になります。

まとめ

歯の消しゴムは研磨剤とゴムやスポンジの研磨力によって汚れを落とすことができる商品で、手軽に購入することができる反面、エナメル質を傷つけるなどのリスクがあります。

期待できる効果はあくまで本来の白さに戻すクリーング効果のため、表面に付着した着色汚れのひどい方には効果的ですが、歯の内部までの黄ばみを染めることなどはできません。

正しい使用方法を守り、症状に合わせて安全に使用するようにしましょう。

スポンサードリンク