ガムで歯は白くなるの?ホワイトニングガムの効果と注意点

ホワイトニングアイテム

歯のホワイトニングを目的としたガムがあるって知っていましたか?

ホワイトニングガムは、ホワイトニングの有効成分が含まれたガムで、噛むだけで着色汚れをうかせて落とし、汚れの沈着も防いでくれる優れものなのです。

なぜ効果があるのか、真っ白になるのかどうか、おすすめ商品もあわせてご紹介していきます。

スポンサードリンク

ホワイトニングガムとは?

gum

ホワイトニングガムってどんなガム?

ホワイトニングガムとは、ホワイトニングに効果があるとされる成分を含んだガムのことです。ガムといえば虫歯予防のイメージが強いと思いますが、最近は虫歯だけでなく着色汚れも対策をしてくれるガムが販売されています。

代表的な商品にキシリトールホワイトなどがあります。最近では羽生結弦さんが出演しているテレビCMが記憶に新しいですね。

https://www.youtube.com/watch?v=s4p_52ls2Bo

歯を白くすることはできるの?

ではガムを噛めば歯は白くなるのでしょうか。端的にいえば、「真っ白には染められないが、着色汚れを落とす効果はあり、着色予防もできる。」というのが回答になります。

ホワイトニングガムには確かに着色汚れを落としてくれる成分は含まれており、コーヒーや紅茶、タバコのヤニなどのステイン汚れに効く成分が歯の汚れを落としてくれます。しかし、ガムに含まれている有効成分の量はとても少なく、同じ成分が含まれた歯磨き粉やホワイトニングジェルなどに比べたらどうしても効果は劣ってしまいます。

これらの歯磨き粉などでケアができないときに使用することで、虫歯予防などとあわせた日常的なケア用品の補助的な役割として使用すると良いでしょう。

真っ白にはできない理由

前提として、ガムで歯医者さんで行なうホワイトニングほど白くならないというのはなんとなく理解できると思います。歯医者さんでは薬剤を使用するので、消費者側としてもガムにそれと同じ効果を期待して買うこともないと思います。

歯を真っ白に染めるには歯医者さんでホワイトニングを行う以外方法はありません。日本では歯を染める薬剤を市販で手に入れることはできないため、その他でホワイトニングと呼ばれているものは、すべて着色汚れの「クリーニング」であると考えましょう。

歯の表面の汚れを落とすことはできても、内部まで漂白するホワイトニングはどんな歯磨き粉やジェルなどのホワイトニンググッズでも、歯科医院以外のホワイトニングサロンでもできませんし、もちろんガムでもできません。

ホワイトニングガムに含まれる成分とその効果

young asian student in the library

ホワイトニングガムに含まれるなんの成分がホワイトニング効果があるのでしょうか。

ホワイトニング成分は「メタリン酸ナトリウム」

ホワイトニングガムに含まれるホワイトニング成分として【メタリン酸ナトリウム】があります。

メタリン酸ナトリウムは、食品添加物として、食品の形を保つためや食感をよくするためや変色を防ぐために使用されています。そして、歯に対してはステインを除去する効果や歯石の沈着を防ぐ効果があります。

歯の着色汚れの主な原因の一つに食べ物に含まれる着色物質が歯の表面のタンパク質と結びついて蓄積されることがあります。メタリン酸ナトリウムは、歯の表面のエナメル質とステイン(着色汚れ)の間に入り込み、汚れを浮かせて剥がすという効果があるのです。

ロッテの研究所は、東京歯科大学学会誌でメタリン酸ナトリウムが着色汚れに効果があることを発表しています。

〈研究結果〉ロッテ中央研究所 メタリン酸ナトリウム配合ガム抽出液にコーヒー由来ステインを除去する効果があることを確認 東京歯科大学学会誌 歯科学報 第115巻第1号誌上で発表予定[出典:http://news.infoseek.co.jp/]

着色汚れを予防できる

また、メタリン酸ナトリウムの成分が歯にコーティングされることによって着色や歯石の沈着を防ぐという効果もあります。

汚れを落とすだけでなく予防もできるため、長期的に歯を白く保つためにガムを噛むことは予防効果が高いと言えるでしょう。

スポンサードリンク

おすすめ商品

ホワイトニングガムでおすすめの商品をご紹介します。海外からの輸入商品をのぞいて、国内では現在キシリトールホワイトしか市販で購入できる製品はありません。

キシリトールホワイト

%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88
▶︎:キシリトールホワイト

  • 参考価格:760円(税抜)
  • 味:シャインミント/チャームミント
  • 内容量:143g

メタリン酸ナトリウム配合のホワイトニングガムです。虫歯予防のキシリトールに加えてメタリン酸の力でホワイトニング効果も期待できるガムです。日本で市販で売られているのはこのシリーズしか見かけません。

(参考)スーパースマイル ホワイトニングガム

%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab

[出典:http://www.supersmile.com/]

  • 参考価格:500円程度
  • 内容量:12粒入り

アマゾンなどで購入することはできませんが、個人輸入などで購入することはできるようです。こちらはメタリン酸ではないのですが、「カルプロクス」というスーパースマイル独自配合の成分がエナメル層に付着しているステインを取り除く効果がありますが、日本で公式に販売ができないのはこの「カルプロクス」の成分の内容が関係あるのだと想定されます。

値段も非常に高いので、どうしても買いたい方は海外で探してみてください。

効果を高くするためのガムの噛み方

shutterstock_493413667

ガムを噛むことで、唾液を多く分泌させ虫歯予防を行なう効果があります。なるべく毎食後、歯磨きができないときなどはガムを噛むと良いでしょう。また、完食などで何か食べ物を口にしてしまったときはすぐにガムを噛むと、唾液の中和作用で口の中が酸性から中世になり虫歯予防効果が高まります。

また、噛むときは20分以上噛むようにしましょう。味がなくなってくると、すぐに噛むのをやめたくなってしまうこともありますが、味がなくなりやすいのは仕方のないことです。本来の目的は味よりも有効成分をしっかり口のなかに行き渡らせることですので、20分ほど噛むと唾液の分泌との相乗効果が見込めます。

まとめ

ホワイトニングガムはメタリン酸という成分が含まれ、ステイン汚れを浮かせて剥がしてくれまます。汚れを落とすだけでなく、着色を防いでくれる効果もあります。

歯磨きなどができないとき、着色汚れ予防にガムを噛むのは効果があります。普段からのホワイトニングケアのプラスαの補助グッズとしてカバンの中に常備しておくと良いかもしれません。

スポンサードリンク