どのくらい持つ?気になるホワイトニングの持続期間と長持ちの秘訣

ホワイトニングQ&A

歯医者さんで歯を真っ白にできるホワイトニング。清潔感がアップし、笑顔に自信もついて、歯が白くなるってとっても嬉しいですよね。ただし、一度ホワイトニングが完了したらそれが一生持つわけではありません。残念ながら、一定の期間で色戻りがおきてしまいます。

今回は、ホワイトニングの種類ごとの持続期間の目安と、長く持たせるための対策をご紹介します。

スポンサードリンク

ホワイトニングの持続期間は?

c1

ホワイトニングをしても、一定期間で元に戻ってしまいます。そのメカニズムと期間の目安は以下のとおりです。

なぜ色戻りがおこるの?

色戻りの原因は食事にあります。

ホワイトニングで歯が白くなるには、二つの理由があります。

  1. 薬剤で歯の着色物質を白く漂白する
  2. 薬剤で歯の表面構造を変化させて白く見せる

①は薬剤で歯の着色物質を化学反応によって白くすることです。②の「構造を変化させる」とは、歯の表面の凹凸を増やすことで歯の内部の黄ばみを光の反射を利用して見えづらくし、人の目から見て白いと感じる歯をつくることです。

食事をすると、歯は酸性になり歯の表面のが溶け出す「脱灰」と、カルシウムやリンが再び歯の表面にとりこまれる「再石灰化」という現象が起こります。この「脱灰(だっかい)」と「再石灰化」を繰り返すことで、歯の表面構造も次第に元に戻り、ホワイトニング前と同じ色の見え方に戻ってしまいます

このように、ホワイトニングで行った上記の2つの効果が年月とともに薄れ、色がもどってしまうというわけです。

ホワイトニング方法で色戻りの早さが異なる理由

ホワイトニングにはいくつか方法がありますが、種類によって持続期間が異なります

これは、ホワイトニングの種類によって薬の浸透度合いや漂白にかける時間が変わり、歯の表面の漂白がメインであればあるほど色戻りが早くなり、内部がメインであればあるほど色戻りは遅くなります。

どのくらいもつ?持続期間の目安

種類ごとの持続期間の目安は以下の通りです。

オフィスホワイトニング 3ヶ月〜1年弱
ホームホワイトニング 半年〜1年以上
デュアルホワイトニング 1年〜2年程度

オフィスホワイトニングは短期間で効果が出やすいですが、それは歯の表面を中心にホワイトニングをしているためです。オフィスホワイトニングの中でもいくつか種類がありますが、短期間で大幅に白さがアップする施術であればあるほど、色戻りは早くなります。

ホームホワイトニングは時間をかけなければ効果が出にくいですが、歯の内部までじっくりゆっくり薬を浸透させ内部から漂白を行うため、長い持続期間が見込めます。

どちらも掛け合わせたデュアルホワイトニングは、両者のメリットを享受できるため色戻りは一番しにくい傾向があります。

白さを長持ちさせるための方法3つ

shutterstock_288829217

ホワイトニングの白さを維持するために効果的な対策は以下の3つです。

自宅でホワイトニンググッズを使用する

ホワイトニングに効く歯磨き粉の使用

普段から「ポリリン酸ナトリウム」「ハイドロキシアパタイト」「リカルデント」などが配合されている歯磨き粉を使用して歯磨きをしましょう。それらの成分が配合されたお勧めのものは以下のとおりです。

  • ブリリアントモア(ライオン社)
  • ロックスホワイトニング(R.O.C.S社)
  • メルサージュヒスケア(松風社)
  • スーパースマイル(スーパースマイル社)
  • シュミテクトやさしくホワイトニング(グラクソ・スミスクライン社)
  • コンクール クリーニングジェル ソフト(ウェルテック社)

これらは着色汚れの除去や予防に優れ、クリーニング効果に優れているためホワイトニング直後のケアにも最適。ホワイトニング後も継続して使用し、効果を持続させましょう。

ホワイトニングジェルの使用

ホワイトニングを目的とした、歯を白くするホワイトニングジェルが市販されています。これらを普段から使用することで、着色汚れを防ぎ白さをキープできるお助けアイテムとなります。

  • 薬用ちゅらトゥースホワイトニング(ちゅらコス)
  • ブラニカ(ブルーブラウン)
  • パールホワイト(美健コーポレーション)

これらをはじめ、自宅でできるホワイトニング方法は下記の記事をご参照ください。

自宅で簡単に出来るホワイトニングの効果を比較!おすすめの方法は?

2016.12.03

着色しやすい飲食物を避け歯磨きの習慣をつける

普段から歯に着色しやすい飲食物は避けることが最も有効です。

何も食べないということは不可能ですので、飲食をした後はすぐに歯磨きをして再石灰化が起こる前に汚れを取り除く、という習慣をつけることが大切です。再石灰化は30分~60分以内で完了すると言われているため、なるべくその間に歯磨きをする習慣をつけましょう。

着色しやすい飲食物はこちらの記事をご参照ください。

ホワイトニング後の食事制限|食べていいもの食べちゃダメなもの一覧

2016.11.21

定期的に歯医者でメンテナンスを行う

定期的に歯医者さんへ行き歯石除去やクリーニングを行い自分ではとりきれない歯の表面の汚れを落としてもらいましょう。歯の着色状況なども併せてプロに確認してもらいましょう。

場合によっては、追加のホワイトニングも行うとより効果を持続できます

スポンサードリンク

まとめ

歯科医院でホワイトニングを行っても、必ず色戻りはおこってしまいます。種類によって変わりますが、平均的に半年〜1年程度と覚えておきましょう。

色戻りを避けるためには、自宅でのセルフケアに加え、適切な食事とメンテナンスを行うことが必要です。正しいメンテナンスを行って、少しでも長く白くきれな歯を維持しましょう!

スポンサードリンク