【恐怖!】歯を溶かすレモンでのホワイトニングとその危険性

ホワイトニングコラム

レモン汁がホワイトニングに効く!なんていう噂がテレビやネットを中心に出回っているようです。

「レモンでホワイトニングができる」というのが本当だったらお金もかからず嬉しい情報ですが、残念ながらそれはないというのが真実。果たして噂の根源はなんなのか、レモンのどういった効用でそう言われるのか、レモンの歯への危険性など、解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

レモンでホワイトニングは危険!

%e4%b8%8d%e5%ae%89%e3%81%aa%e5%a5%b3%e6%80%a7

いますぐストップ!噂の根拠と真実

「レモンと塩」で歯を白くできるという噂

レモンと塩でホワイトニングが簡単にできるということで、動画やウェブサイトでその方法が紹介されています。レモン汁を絞り、塩を混ぜ、場合によっては重曹を加え歯磨き粉変わりに使用して歯を白くするという方法。

でも、これは大変危険な方法です。一時的に歯を白くすることができたとしても、それは歯を痛めて白く見せているだけです。もし、日常的にその方法でホワイトニングをしている、という方がいれば、いますぐやめることをオススメします

エナメル質を溶かすクエン酸

レモン汁に含まれるクエン酸が汚れを落とす効果があるということが根拠にされているようです。

しかし、クエン酸は強い酸性の成分です。

歯の表面は、エナメル質という硬い組織で覆わています。このエナメル質はが溶けて内部の組織まで穴があいてしまうと、それが虫歯となってしまうのです。

レモン汁に含まれるクエン酸は、そのエナメル質を溶かしてしまう成分です。歯が白くなると言われたのは、そのエナメル質が汚れと一緒に溶け出し、それによって汚れが落ちて白くなったと感じることが理由です。

つまり、ホワイトニングをしているのではなく、歯の表面の組織をそのまま溶かすことによって、もともとの歯の色にもどして白くなったように見えているだけなのです!

間違った情報に注意

shutterstock_522636943

レモン汁を使ったホワイトニングの噂のなかで、酸の利用を推奨している表現、また、歯を真っ白にできる!という表現が目に付きますが、これらは根本的に間違っています。それぞれなぜ間違っているのかみていきましょう。

酸は歯の味方ではない

酸がまるで歯の味方かのように言われていることがありますが、酸は歯を溶かす一番の原因です。歯が溶けていく脱灰(だっかい)がおこり、脱灰が続くと、虫歯の原因となります。

歯を溶かす食品成分は、糖類と酸性食品です。クエン酸は思いっきり、名前のとおり「」ですので酸性食品です。

具体的にみてみましょう。

酸性食品は虫歯の原因

飲食物はイオン濃度を指標に酸性・中性・アルカリ性のどれかに分類されます。食品の酸性度が強いと、歯のミネラルは溶けだしてしまいます。

つまり、むし歯菌がいなくても、「酸性食品」が口の中にずっと留まると、酸性状態が続き歯の表面からミネラルが溶け続け再石灰化が進まず、虫歯が進行しやすくなってしまいます。東京医科歯科大学の研究によると市販の飲料の73%が歯を溶かす臨界pH5.5以上の酸性を示したそうです。こうして溶けてしまった歯を「酸蝕歯」といいます。

主な酸性食品は、

  • ワイン
  • フルーツ
  • スポーツ飲料
  • 炭酸飲料

などです。

クエン酸ももちろんこのうちの一つ。歯のためにいいなんてことはありません。

歯は歯医者さん以外で真っ白にはできない

そもそも、歯を真っ白に染めるには歯医者さんに行ってホワイトニングを行う以外手段はありません。その他でホワイトニングと呼ばれているものは、すべて「クリーニング」であると考えましょう。

歯の表面の汚れを落とすことはできても、内部まで漂白するホワイトニングはどんなホワイトニンググッズでも、歯科医院以外のホワイトニングサロンでもできません。

レモン汁で歯が真っ白になった!とありえない白さの歯をBefore Afterの写真を載せているサイトもあるようですが、それは他のホワイトニングと併用したなど別の理由でしょう。

スポンサードリンク

まとめ

レモン汁と塩でホワイトニングができるという理由は、表面のエナメル質を汚れと一緒に溶かして白くなったように見えるという理由から。歯にいいことは一つもありません。

ホワイトニングを自宅で行いたいなら、他のホワイトニンググッズなどを使用しましょう。理想の白さが「真っ白」な歯なのであれば、歯科医院でのホワイトニングを受けるようにしましょう。

歯は一生の資産です。間違った噂にまどわされないように注意してくださいね!

スポンサードリンク