どうしたらいい?神経を抜いた歯もホワイトニングする方法

ホワイトニングQ&A

ホワイトニングをしたいけれど、神経がない歯はホワイトニングができないと噂に聞いてあきらめてしまっていませんか?

たしかに、一般的なオフィスホワイトニング(歯医者さんでのホワイトニング)は、神経がなく変色してしまった歯には効果が見込めないとされています。しかし、神経を抜いた歯用の特別なホワイトニング方法が実はちゃんとあるんです。

今回は、神経を抜いた歯でも可能な特別なホワイトニング方法をご紹介していきます。

スポンサードリンク

神経を抜いた歯の黒ずみの原因とホワイトニング効果

shutterstock_305676467

神経を抜いた歯が黒ずんでくる原因

神経が虫歯や外傷などなんらかの原因でなくなってしまった歯は、神経がある歯に比べて黒ずんできてしまうことがあります。

このような黒ずみは、歯の内部の組織の残留・変質や、歯の中の血管が取り除かれた結果血液循環がなくなり、歯の内部が劣化することなどが原因で起こります。

一般的なホワイトニングは全く効果がない?

神経がないことが原因の着色は、一般的なホワイトニングでは白く漂白することができません。

ただし、全く効果がないわけではなく、強力な方法(ブライトスマイルやデュアルホワイトニング等)を行えば効果がみられることもありますが、他の歯と比べて白くなりにくく、タイムラグが生じてしまいます。

そのようなことを避けるために、神経のない歯専用のホワイトニングを先に行い、そのあとに他の歯のホワイトニングを行うなどの方法もあります。

では、神経のない歯専用のホワイトニングとはどんな方法があるのでしょうか。

神経がない歯へピンポイント!歯の中からのホワイトニング

shutterstock_269229179

神経がなくても歯の根元の中からアプローチをしてホワイトニングを行う方法があります。

インターナルブリーチ

インターナルブリーチとは、神経を抜いたときに詰めた詰め物を外し、根元(根管)の中からホワイトニング剤を入れて光を照射し、内側から歯を白くする方法です。パワーブリーチ、インターナルホワイトニングとも呼ばれます。

通常の歯の表面にホワイトニング剤を塗って光をあてるホワイトニングと組み合わせて行うことができ、組み合わせることによって数回で効果的に白くすることができると言われています。

ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチは、詰め物を外して根管からホワイトニング剤を入れるところまではインターナルブリーチと同じですが、さらにそこに仮ふたをして数日間(薬1週間)薬をそのままにして白くする方法です。数日毎に仮ふたをとり、中の薬を交換します。

インターナルブリーチよりも効果が高いとされますが、薬をそのままにするという特性から、ホワイトニング剤がしみてきてしまったり痛みが出るリスクがあります。

ブライトスマイル+歯の中からのホワイトニング

ブライトスマイルとは、NASAの科学者が開発したホワイトニング方法で、口の中全体に強力なプラズマライトを照射して一度に8~10段階白くすることができる歯医者さんでできるホワイトニングで一番効果があるとされるホワイトニング方法です。

これを使用すると、神経のない歯を含む通常のホワイトニングでは白くなりにくい着色も白くできる場合があります。

上記のインターナルブリーチかウォーキングブリーチのいずれかを併用し、外から+中からのダブルのアプローチでホワイトニングする方法があります。

歯の中からのホワイトニングを行うメリット・デメリット

メリット

セラミッククラウンなどの被せ物を行うより、安価でホワイトニングが可能です。

また、すでに詰めてある部分を取って中から薬剤を入れるため、たくさん削らなくて済むというメリットがあります。

デメリット

白くなるかならないかはその人の状態によって変わるため、100%成功する保証はありません

また、一般的なホワイトニングと同様、後戻りは起こります。

さらに、ウォーキングブリーチの場合は指定された日数を守って通院しなければならないという手間があります。

スポンサードリンク

それでもだめだった場合の方法4つ

%e5%8c%bb%e8%80%85

それでも白くならなかったり、これらの方法が推奨されないなどの場合は、ホワイトニング以外で白くする方法をとりましょう。

ホワイトニング以外で歯を白くする方法は、以下の四つの方法があります。

  1. コーティング(歯のマニキュア)
  2. レジンダイレクトボンディング
  3. ラミネートベニア
  4. セラミッククラウン

これらはすべて、自分の歯そのものを染めるのではなく「天然歯の上になんらかの白い被せ物をして白く見せる治療」となります。

1〜4の順番で天然歯を削る量が増え、被せ物の割合が大きくなります。それに伴って費用もかかってきますので、特に2~4に関してはどうしても歯を白くする必要がある人のための最終手段の治療方法といえるでしょう。

特徴や費用などの詳細は下記の記事にまとめてありますので、参考にしてみてください。

ホワイトニング以外で歯を白くする方法とは?全4手法を公開!

2016.11.30

まとめ

神経を抜いた歯をホワイトニングする方法には、歯の内側からのホワイトニングを行うという方法があります。

一般的なホワイトニングに加えて、神経がない歯にはインターナルブリーチ、ウォーキングブリーチを組み合わせることによってより統一感のあるきれいな白い歯を目指すことができます。

神経がない歯があることがあらかじめ分かっている場合は、これらのメニューがある歯医者さんを選ぶと良いでしょう。

スポンサードリンク