妊娠中や授乳中はダメ?胎児への影響は?妊婦さんのホワイトニング

ホワイトニングQ&A

ホワイトニングの人気が高まるにつれて、「妊娠中や授乳中でホワイトニングをして良いのか心配」「妊娠に気づかずにホワイトニングをしてしまったけれど大丈夫か不安」などの声が多くなっています。妊娠中は突然できない・してはいけないと言われることが増え、焦ってしまう場面もありますよね。

最近は妊娠中や授乳中だけれど、結婚式のためにホワイトニングがしたい!というケースも多いのではないでしょうか。綺麗になりたい気持ちは、ママになったって変わらないですよね。

今回はそんな方のために、妊娠中のホワイトニングの気をつけるポイントと安全な方法などについて詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

ポイントは「薬剤の影響」

fotolia_96311699_subscription_monthly_m

妊娠中に気をつけたいのは薬の使用。基本的に妊婦さんや赤ちゃんに影響が確認できない薬の使用は禁止されています。ホワイトニングの薬剤は、母体や胎児に何か影響があるのでしょうか。

ホワイトニングの薬剤の安全性は不明

ここでいうホワイトニングの薬剤とは、歯医者さんでのホワイトニングで使用される「過酸化水素」「過酸化尿素」のことを意味しています。

実はホワイトニングの薬剤は、妊婦さんや胎児への影響が医学的に解明されていません。ホワイトニングが原因で母体や胎児の健康状態が悪くなった、という臨床結果は現在のところまだ報告されていません。過酸化水素などが体内で分解されたのかどうか、それが直接健康状態の悪化の原因となったのか、調べようがないというのが現状です。

つまり、ホワイトニングの薬剤の妊婦さんへの安全性は「わからない」ため、「避けるべき」という答えになるのです。

妊婦さんには薬の使用が推奨されていない

ホワイトニング以外でも一般的な市販薬の妊婦さんの使用は推奨されていないものがほとんどですが、中には飲んでも胎児や母体に特に影響がないとされているものもあります。

そのようなものがある理由は、その薬だけでは影響がなくても、薬の飲み合わせや総合的に見て安全かどうかを確約できないからです。「安全ではないから避ける」ではなく、「必ず安全なもの以外は避ける」という選択基準になります。

ホワイトニングに関しても「大丈夫だろう」という意見もありつつも、「必ず安全だ」と言い切れないものは避けましょうという理屈で禁止されているのです。

想定される影響は?

実際に想定される母体への影響は、歯が染みることで母体にストレスがかかる、普段より炎症を起こしやすい、歯の根元が普段よりながく染みるなど、表面的な影響のみです。

妊娠に気づかず、すでにホワイトニングをしてしまった!という方もたまにいらっしゃいます。1~2ヶ月の頃は、ホワイトニングだけでなくしない方がいいといわれることを気づかないうちにしてしまっていることは多くあります。

もちろんできるだけ避けられることがベストですが、ホワイトニングをしてしまったからといってそこまで神経質に不安になる必要はありません

すでに行ってしまった場合は、気にしすぎてストレスになる方が、赤ちゃんにとっては良くないかも知れません。ただし、妊娠が判明したら、それ以降は歯医者さんでのホワイトニングは行わないようにしましょう

妊娠中・授乳中にできないホワイトニング

shutterstock_512774917

妊娠中や授乳中にできないホワイトニングと、しても良い時期は下記の通りです。

歯医者さんでのホワイトニング

歯医者さんでのホワイトニングには「オフィスホワイトニング」歯医者さんでマウスピースを作り処方された薬剤を自分で使用する「ホームホワイトニング」の2種類がありますが、どちらも妊娠中や授乳中は避けましょう。多くの歯科医院では、妊婦さんのホワイトニングは禁止しています。

これらの方法は薬剤で歯を染める方法で、その薬に先ほど述べた「過酸化水素」「過酸化尿素」を使用するからです。知覚過敏などの痛みが悪化する可能性もあるため、薬の影響以外にも余計なストレスや心配事が増えてしまうかもしれません。

ホワイトニングをして良いタイミング

歯医者さんでのホワイトニングは、実際の妊娠中はもちろん、授乳中も避けるべきとされています。授乳が終わったタイミングで行うのが一番良いでしょう。

たとえ上記にあてはまらなくとも、妊娠の可能性がある期間は避けた方が良いです。歯医者さんでのホワイトニングは、妊娠出産を考えたら先に終えるか後回しにするか、どちらかにしましょうね。

スポンサードリンク

妊娠中・授乳中でもできるホワイトニング

shutterstock_286236212

歯医者さんで扱う薬剤を使用しない方法であれば、歯を白くする方法がないわけではありません!結婚式などでどうしても歯を白くしたい場合、あきらめなくても下記のような方法があります。

サロンなどで行うホワイトニング

歯医者さん以外で、「過酸化水素」などの薬剤を使用せず、着色汚れを落とすクリーニング効果で白くする「セルフホワイトニング」という方法があります。サロンで行う方法で、お店の数や知名度が増してきている方法です。

その方法であれば、着色汚れを落とす成分に安全なものが使用されていることがほとんどのため、妊婦さんでもOKとしているサロンが多くあります。ブライダルコースなどもありますので、結婚式前の妊婦さんには朗報かもしれません。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

本当に効果ある?今話題のセルフホワイトニングを徹底解剖

2016.11.05

市販のホワイトニンググッズの使用

日本で市販されているホワイトニンググッズには、歯医者さんで禁止されている「過酸化水素」などの薬剤は一切含まれていません。そのため、注意書きなどがない限りは妊娠中や授乳中でも市販のホワイトニング用の歯磨き粉やホワイトニングジェルを使用することは可能です。

これらの市販のホワイトニンググッズは、着色汚れを落とすクリーニング効果で白くするという点ではセルフホワイトニングと同じになります。

とりわけ筆者は、ホワイトニング用歯磨き粉ホワイトニングジェルを併用することをおすすめします。効果・安全面ともに妊娠中や授乳中の方にぴったりな方法です。

おすすめ商品はこちらを参考にしてくださいね。

自宅で簡単に出来るホワイトニングの効果を比較!おすすめの方法は?

2016.12.03

虫歯治療やクリーニングはした方が良い!

young asian woman using laptop

妊娠中、歯医者さんのホワイトニングは避けた方が良いですが、歯科治療は積極的に行なうべきとされています。

抜歯などで特別な薬が必要になったりする場合を除いて、通常の虫歯治療を行う分には問題ありません。むしろ、クリーニングなどの予防歯科は妊婦さんは積極的に行なうことが推奨されています。

特に妊娠中はホルモンの影響で歯周病が悪化しやすく、虫歯になりやすくなってしまいます。妊娠する前の女性のチェックリストとして歯科治療も1つのチェックポイントです。

ホワイトニングに効く歯磨き粉やジェルは、歯周病を防ぐ効果もありますので、ホワイトニングと虫歯予防の両方ができるものを選ぶとなお良いでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

妊娠中・授乳中の歯医者さんでのホワイトニングは安全性が保証されていませんので避けましょう。歯医者さんでホワイトニングをする場合は、卒乳した後が良いでしょう。

どうしても歯を白くしたい場合は、セルフホワイトニングサロンやホワイトニンググッズの使用がおすすめ。お腹の子もママも、健康でハッピーになれる方法で綺麗になってくださいね♬

スポンサードリンク