銀歯やレジンは染めれる?詰め物をしている歯のホワイトニング

Examining patient's teeth, closeup
ホワイトニングQ&A

歯を綺麗に白くしたいけれど、詰め物があってホワイトニングができるのかどうか疑問に思っていませんか?

むし歯の治療にはレジンなどのプラスチックが使われていることが多く、中には銀歯などの金属を入れている人も多いのではないでしょうか。

ホワイトニングを行うとき、詰め物をしている歯があっても大丈夫なのかどうか解説します。

スポンサードリンク

詰め物があってもホワイトニングはできる

shutterstock_286236212

詰め物がある場合でも、ホワイトニング自体を行うことは可能です。ただし、詰め物の部分を白く染めることはできません

ホワイトニングは上から白い色を塗っているのではなく、ホワイトニング薬剤を歯に浸透させて、歯の中の色素を分解して白くするため、人工物は薬を侵透させることができません。そのため、薬を浸透させても白く変色させることはできず、元々の色のままとなります。

天然歯は薬が内部までしっかり浸透することで白くすることができますので、詰め物を元々の黄ばんだ歯の色に合わせて作った場合などに、白くなった天然歯の色と色の差が出てしまうこともあります。

プラスチックの詰め物をしている場合

shutterstock_259506362-1

レジンなどのプラスチックの詰め物をしている場合、ホワイトニング後に詰め直しを行うことがほとんどです。

レジンそのものについた着色汚れは、クリーニングなどで落とすことが可能ですが、ホワイトニング剤を使用して白くなることはありません。

歯医者さんでプロフェッショナルケアを行ってもらう他に、ホワイトニング専用歯磨き粉やジェル等使用することで着色汚れを落とすことができます。ただし、年月が経ち劣化して着色してきてしまったものに関しては、これらのクリーニングでも落とすことは難しいとされています。

詰め替えを行って白い歯に合わせるのが最も無難な方法です。部分的なレジンの詰め物の場合は、1日で詰め替えが完了することがほとんどです。

スポンサードリンク

セラミッククラウンなどの差し歯をしている場合

shutterstock_484427638

セラミッククラウンを行っている場合は、元々セラミックは着色しにくく劣化もしにくい素材ですので、レジンと同様ホワイトニングはできませんが着色汚れを落とすことで本来の色に近い状態までもどすことは可能です。

その場合、歯医者さんでのクリーニングで研磨を行ったり、ホワイトニンググッズを使用し着色汚れを落として本来の色を目指します。

ただ、被せ物(クラウン)の場合は、1日では変えられないため詰め替えは労力を必要とします。最近では、クラウンの型取りができる機械が自分の医院内にある歯科医院も多くなっているため、1~2週間、2回の程度の通院で変えてくれるところもあります。クラウンを付け替える場合は、このような医院さんを探してみると良いかもしれません。

詳細はこちらのまとめ記事をご覧ください。

事前確認で安心!差し歯のある人のためのホワイトニングガイド

2016.12.18

銀歯の場合

fotolia_33361037_subscription_monthly_m

銀歯を白くするためには、銀歯の部分を全て取ってレジンやセラミックなどの白い詰め物に付け替えるしかありません。歯のマニキュアなどの応急処置的な方法もありますが、結婚式前や特別なイベントで一時しのぎがしたい時以外はあまりおすすめできません。

銀歯は見た目が目立ってしまうためあまり美しく見えないのはもちろんですが、時間が経つと金属が溶け出してイオン化し、体内に取り込まれてアレルギーを起こしてしまうことがあります。また、溶け出した金属が歯や歯茎に着色してしまうこともあります。

銀歯を白くすることによって、金属アレルギーや着色のリスクを解決してくれます。

ただし、詰め物を白いものに変える際必ず健康な歯も削らなければならなくなります。費用も1本数万円とかなり高くなりますので、お医者さんとよく相談が必要です。

詳細はこちらのまとめ記事をご覧ください。

銀歯でも平気?銀歯のある人のホワイトニングと銀歯も白くする方法

2016.12.21
スポンサードリンク

インプラントの場合

shutterstock_288829217

インプラントももちろん上記の全ての詰め物同様、薬で白く染めることはできません。

インプラントも、基本的には自分の天然歯の色に合わせて自然に見えるように作られているはずです。

インプラントを行う際、まだホワイトニングをしていない状態で今後行う予定が既にあれば、ホワイトニングをした時に備えて明るめの色を選んでおくのが良いでしょう。

理想としては、ホワイトニングを行った後に天然歯の白さにあわせてインプラントを入れるのが理想です。

まとめ

詰め物があっても、制約などは特になく天然歯へのホワイトニングは行うことができます。ただし、詰め物そのものを白くしたい場合は、天然歯用のホワイトニング剤を詰め物に塗っても白く染めることはできません。

詰め物そのものを白くしたい場合は、ホワイトニングした天然歯の色にあわせて詰め物そのものを取り替える方法が最も確実です。ホワイトニング前に詰め物を詰めなければならない場合は、ホワイトニングを行ったときのことを想定して明るめの色を選んで詰めるのも一つの方法です。

いずれにしても、詰め物と天然歯の白さのバランスを自然にみせられるよう、歯医者さんとよく相談をしてくださいね。

スポンサードリンク