ホワイトニングをしたのに根元が白くならない!原因と対策は?

ホワイトニングコラム

ホワイトニングでよくあるご相談の中に、「根元だけ白くならなかった」というものが多くあります。

歯茎の近くの歯の根元部分の着色が、歯先の部分に比べて白くならないと心配になるケースで、オフィスホワイトニングでもホームホワイトニングでもよくあるご相談です。

今回はそうなってしまったときに考えられる原因とその対策をみていきましょう。

スポンサードリンク

根元は先端よりも白くなりにくい

shutterstock_103941503

前提として、歯茎側の根元の部分は歯の先の部分に比べて白くなりにくいという特徴があります。

エナメル質は根元ほど薄くなる

歯の表面のエナメル質が厚い人ほど、ホワイトニング効果は出やすいと言われています。歯の内部の象牙質はエナメル質に比べて黄色い色が濃く、染まるのに時間もかかります。エナメル質が厚ければ厚いほど内部の濃い色も目立たず、エナメル質の変色だけで十分白くみせることができるからです。

そのエナメル質は、歯の根元ほど薄くなっていきます。そのため、エナメル質が薄い根元は象牙質の濃い色が目立つとともに、象牙質部分は薬の浸透に時間がかかり染まりづらいのでホワイトニング効果も現れにくいのです。その結果、根元だけ白くならない原因となります。

一度のホワイトニングで均一な色にすることは難しい

基本的に歯の状態は均一ではありませんので、一度の施術で全て均一に真っ白にできるというケースの方が少ないと考えましょう。元々の色も、全ての歯が同じ色ではありません。歯によって染まりにくい歯もあります。

一度の施術できれいになることを期待しすぎず、歯医者さんに相談しながら指定された回数を続けてみることも大切です。

まずは確認!当てはまる項目チェック

shutterstock_269231924

根元が白くならなったとき、下記の条件にあてはまっていませんか?セルフチェックしてみましょう。

  • 薬剤がマウスピースからもれていませんか?
  • テトラサイクリン変色歯ではありませんか?
  • バンディング(縞模様)がありませんか?
  • 根元に人工物を詰めた過去はありませんか?
  • 歯茎が後退していませんか?
  • ご高齢の方ではありませんか?

いかがでしょうか。それぞれの原因と対策は下記のとおりです。

薬剤がマウスピースからもれていませんか?

意外と落とし穴なのがこの理由。ホームホワイトニングを行う際、マウスピースの中の液が歯の根元まできちんといき渡っていますか?横になったりしっかりはまっていないなどの理由で液がマウスピースからもれているのが原因かもしれません。

テトラサイクリン変色歯ではありませんか?

幼少期にテトラサイクリン系の抗生物質を飲んだことによる着色の場合、ホワイトニングの効果が出にくい場合があります。とくに根元の象牙質部分は白くなりにくい箇所です。

もしそうであれば、通常より白くなりにくいことがあるため、強力なオフィスホワイトニングや、デュアルホワイトニングに切り替えて様子をみましょう。

根元に人工物を詰めた過去はありませんか?

過去に歯の根元をレジンなどのプラスチックを詰めたりしていませんか?局所的に白くならない場合は、それを見落としている可能性があります。

レントゲン等ですぐに判別できますので、お医者さんに確認してみましょう。詰め物はホワイトニングができませんので、色の違うものに変えるなどの対応が必要です。

歯茎が後退していませんか?

歯周病などで歯茎が下がって歯の根元が通常より出ている状態になっていませんか?歯の根元は先に比べてエナメル質が薄いため、象牙質の色が濃く出てしまいホワイトニングの効果があらわれにくい場合があります。

ご高齢の方ではありませんか?

高齢者の方のホワイトニングの場合、成人よりも白くなりにくい場合があります。特に加齢で着色した象牙質のホワイトニングは白くなりはじめるのに時間がかかりますので、根元が白くならないと感じることがあります。

スポンサードリンク

根元が白くならないときの対応策3つ

fotolia_71513722_subscription_monthly_m

根元が白くならないときは、歯医者さんに相談が先決ですが、一般的に書き3つの対応策が考えられます。

回数を重ねる

まだ数回しかホワイトニングを行っていない場合は、ホワイトニングがしきれていないだけかもしれません。ホワイトニングは体質など様々な理由で全員が一様に効果が現れるものではありませんので、白さが均一になるまで数回試してみるのが良いでしょう。

根元のみオフィスホワイトニングを行う

根元のみオフィスホワイトニングを集中的に行い、その後全体を均一にホームホワイトニングで白くするという方法もあります。ただし、歯医者さんによってはそれができない場合もありますし、症状によってはおすすめできない場合もあります。

オフィスホワイトニングには最新技術のブライトスマイルなど、一度で6〜7段階白くできるものも開発されていますので、普通のホワイトニングで白くならない場合はそのような効果の高いものを試して見るのも手かもしれません。

人工物をかぶせる

これが最も堅実な方法です。レジンラミネートベニアなどできれいに根元に人工物をかぶせてしまった方が、重度のテトラサイクリン変色歯が原因のときなどは、無理に白くしようするよりも確実かもしれません。

ただ、これを全ての歯に施すにはかなりの費用がかかりますので注意してください。歯を削りたくない場合は歯のマニキュアなどでコーティングする手段もあります。

まとめ

歯の根元は先端に比べてエナメル質が薄く、ホワイトニング効果が出にくい箇所です。根元だけ白くならない場合、考えられる原因はエナメル質が薄く象牙質の色が目立ってしまっているのがほどんどの原因です。

その象牙質の着色がどのような理由によってかによっても対応方法が変わってきますので、慌てず歯医者さんによく相談してみてください。

スポンサードリンク