『ホワイトニングペン』の解析|使い方・口コミ・効果レビュー

ホワイトニングアイテム

今回のレビューは、ペンタイプジェルハミガキの『ホワイトニングペン』です。
世界80カ国以上でベストセラーとなっている、アメリカ生まれのホワイトニングペンです。

スポンサードリンク

ホワイトニングペンの解析

注目ポイント
  1. ペンタイプのジェルハミガキ
  2. 楽天ランキング第1位獲得
  3. 70万本のベストセラー商品

総合評価3.0点

評価内容 効果  :★★★☆☆
コスパ :★★☆☆☆
安全性 :★★★★☆
使い勝手:★★★☆☆
容量/価格  6ml(step1:3ml,step2:3ml)/2,300円
種別 トゥースジェル(ジェルハミガキ)
研磨力 なし
安全性 パラベン
販売元 ジェイディービーネットワーク
最安値 Amazon

キャッチコピーの「激変」「激白」という表現ほど美白効果は実感できない可能性が高い商品です。

実際に使用したところ、他のホワイトニング歯磨き粉などとさほど効果は変わらないものだということがわかりました。値段も高く内容量も少ないため、あまりコスパの良いホワイトニングアイテムとは言えないでしょう。

漂白成分が含まれていますが、食品添加物の一種の成分なので安全である反面歯への漂白効果はほとんど見込めません。アメリカ産と記載がありますが、日本の薬事法に基づいての販売のため漂白はほとんどできません。

持ち運びも確かに便利ではありますが、後でブラッシングをする必要がありますので、それなら普通の歯磨き粉と歯ブラシを普通に持ち運ぶのとあまり変わらないかもしれません。

Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

ホワイトニングペンの成分

全成分:step1:水(溶剤)、亜塩素酸Na(洗浄剤)、キサンタンガム(粘結剤)、カラギーナン(粘結剤)、安息香酸Na(保存料)、メチルパラベン(保存料)、プロピルパラベン(保存料)
step2:水(溶剤)、グリセリン(湿潤剤)、カルボマー(安定剤)、ポリソルベート20(可溶化剤)、クエン酸(pH調整剤)、香料(ミントタイプ)、メチルパラベン(保存料)、水酸化Na(pH調整剤)

亜塩素酸ナトリウム

指定添加物。漂白作用があり、食品を漂白し、白く、きれいにする

ホワイトニングペンの口コミ

実際にホワイトニングペンを使った人の口コミ情報を集めました。

良い口コミ評判

歯がつるつるになり白くなった

歯を磨いた後、歯の表面がツルツルになり輝きがでてきます。
色に関してはほのかに白くなってきたような…?!
歯科医でのホワイトニングほど
すぐに効果はでませんが
毎日使うことで、歯ぐすみは防げますね!
またリピしたいと思います♪(@コスメより引用)

磨いた感はある

使い始めて3週間
はっきりした効果は解りませんが、良くなっていると願いたいです
一本使い切っても効果を実感するかなぁ・・・
自己満足な気もしますが、磨いた感はありますね(@コスメより引用)

悪い口コミ評判

効果は実感できず

しばらく使い続けてますが、コレと言った効果が実感出来ませんでした。(@コスメより引用)

ランキング1位というのに騙された

期待して買ったのに、口臭が強くなった気がするし、歯がざらざらするし、決して安くはなかったけど、捨てました。楽天リアルタイムランキング1位というタグに騙された感じ。だんだんしろくなってくる歯の見本写真がパッケージに載ってますが、最終写真の歯が黄ばんでみえるのは私だけでしょうか?がっかりしました。(@コスメより引用)

効果がないし歯に悪そう

コーヒー紅茶をよく飲むので歯の着色がかなりひどいです。
歯医者に行くより安いかと思い
楽天1位の広告もあったので買いました。
何回か使いましたが着色とれないです。
過去に戻れるなら、効果ないから買うなと当時の自分に言いたいです。
結構高かったけど効果がないし歯に悪そうなので捨てました。
素直に歯医者に行けば良かった。(@コスメより引用)

Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

スポンサードリンク

ホワイトニングペンの使い方・効果は?実際に試してみた!

それでは最後に、実際にホワイトニングペンを使った感想をレビューします。

内容量・パッケージ

化粧品のようにスッキリとしたペンタイプの容器。約二週間分です。

step1液とstep2液とそれぞれ分かれています。

パッケージにはシェードガイドがついています。使い方等も詳しく記載があります。

ホワイトニングペンの使い方

実際に使い方をみていきましょう。

  1. step1と書いてある容器を下にして、ブラシを引きぬいて歯の表面にさっと塗ります。上下の歯6-8本で2回程度液付けします。
  2. step2と書いてある容器を下にして、ブラシを引き抜きstep1の液を打った上にさっと重ね塗りをし、時間をおきます。
  3. 時間が経ったら(30秒から3分程度)、浮いた汚れを歯ブラシで磨き落とし、口をすすいで完了です。

美白効果は不明

実際に使用してみたところ、美白効果のほどは不明でした。

液はぬりやすく、歯に塗るのもそこまで大変ではありません。step1液は無味無臭で、step2液は少し歯磨き粉のようなミントのような刺激のある味がしました。

しかし、実際は歯磨き粉となにが違うのか、使用していても違いがわかりづらいと感じました。

個人的には、「この効果で、6mlで2,300円は高すぎるのでは・・・」という印象を受けました。

「ハリウッド」や「アメリカ」という宣伝はあまり鵜呑みにしないほうが良いでしょう。

まとめ:コスパがいまいちな商品。別商品の検討も

本気で歯を白くしたい人にとっての「ホワイトニング」という期待には答えられない商品です。

本気で歯を白く染めたいのであれば、歯医者さんでホワイトニングをするべきでしょう。

歯医者さんでの漂白の不安や食事等の制限が気になる方は、ホワイトニングジェルなどの洗浄効果の高いアイテムを使用してみると良いでしょう。

Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

スポンサードリンク